Translate

2019年2月19日火曜日

わたくしごとではありますがm(。_。)m🙇父が亡くなりました。

みなさま、いつも閲覧頂きありがとうございます。

二月上旬に、私の父が亡くなりました。
一年以上前に、脳梗塞で倒れて、
その後、何度か危篤状態になりましたが、
持ち直したものの、寝たきりとなり。
療養型の病院に長期入院していました。

気管切開をして、喋れなくなり、
ご飯も食べれなくなり、
高濃度の栄養を点滴で受けていました。
体は、ほぼ、動かせませんでした。

ただ、左手の親指だけは、いつも動かしていました。
意識はありました。
仲の良い友人や、親戚が訪ねると、
目玉をくりくり動かして、
とても、嬉しそうにしていました。

私は出来るだけ、毎日、病院に行き、
父の顔を見に行きました。

行けない時もありました。
でも、忘れた事はありません。
これからも、忘れません。
忘れられません。

大好きでした。
父が倒れてから、
「わたしって、ああ、こんなに、
お父さんのこと、好きだったんだって」

はじめて、知りました。


倒れてすぐ、救急の病院で、
担当の女医先生が言いました。
普通は、高齢な患者さんには、
無理な手術は行わないんです、と。
でも、助かる可能性にかけて、
寿命を伸ばすための手術を
行おうと思います、と。

最初は、カテーテルの手術をしましたが、
術後、意識が混濁して来ました。
そのため、父は、後頭部の頭蓋骨を、
一部外す手術をしました。

父が手術を受けたとき、八十九歳でした。
その後、頭の中にパイプを通しました。
その後、感染症にかかり、
一時、危篤状態になりました。

父の意識レベルは低く、
自分で呼吸出来なかったため、
ずっと、人工呼吸器を付けていました。

父は、ペースメーカーを付けていました。
父は、元々、無呼吸症候群の症状がありました。
眠っている間に、何度も何度も呼吸が
止まるのです。

父は、やがて人工呼吸器を外されて、
救急病院を退院しました。
そして、療養型の病院に転院したのです。

病院の方は、みなさん良くして下さいました。
父は、ペースメーカーの電池が切れかかって
いたのですが、病院の院長先生が、
専門分野だったので、取り返え手術をして下さいました。

それから、父は、呼吸が少し楽になったようです。
会いに行くと、こちらを見て反応するような
表情も出来るようになりました。

秋になり、父は、90歳となり、卒寿を迎えました。
冬となり、
父の体は少しずつ、冷たくなって行きました。
真冬となり、
父は、低体温症になっていました。

いつも、看護士さんが、足元に、
二つ、湯タンポを入れてくださいました。
父を大事にして下さって、本当にありがとう。
感謝しています。

私はいつも、ラジオを付けてました。
父が退屈しないように。
そんな思いでした。
父は、最後まで、一生懸命に戦っていました。
意識が遠くなっていくのを感じて
いるかのように。

わたしに何か、言いたそうに、
口を開いて、喋りたい事があるような
しぐさをした時がありました。

今、思うと、あの時、
自分の死期を感じていたのかもしれません。
父は、眠るように息を引き取りました。
父は、半分、目を開いたまま、
また、口を半分開けたまま、
穏やかな顔で、霊仙へと旅立ちました。

最後は苦しまずに済みました。
それは、わたしの願いでもありました。
苦しまずに、逝けますように。

また、会おうね、お父さん。
わたしは必ず、あなたに会いに行きます。
生まれ変わったら、必ず。
わたしはあなたを見つけます。


父は、地球2周分をゆうに越える記録を持つ、
高齢者のランナーでした。
「花咲くランナーじいさん」です。
大勢の方にお世話になりました。
ありがとうございました。






2019年2月3日日曜日

みなさま、いつも閲覧頂きありがとうございます。       (*^-^*)m(。_。)m🌼✨

みなさま、いつも閲覧頂きありがとうございます。(*^-^*)m(。_。)m🌼✨🙇
今まで、56作品をお買い上げ頂き、
お客様に、深く感謝を申し上げます。
また、レベル13にアップ出来ましたのも、
応援して下さる皆様のおかげと、
心より感謝を申し上げます。🌼✨

※2月のグループ展覧会のお知らせです。

タイトル
「Art Wave Exhibition vol.53」
~創造のイノベーション~

Produced by
「RECTOVERSOGALLERY」

さくらひ(櫻井聡子)
藤岡きよ美
大井真希

日時
2月12日(火)~16日(土)
火~金      13:00~19:00
土(Lastday)13:00~16:30
🏣103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2イノウエビル3F、4F
TEL:03-5641-8546
FAX:03-5641-8547
Mail: info@recto.co.jp
URL: http://www.recto.co.jp/verso/

※ギャラリーは4Fです。
オープニングパーティー等はございません。
また、作品をご購入をご検討のお客様は、
作品のタイトル及び価格表を、別途、ご用意してあります。
(展示作品にはタイトルや価格等の表示を一切行っておりません。)
ご不明な点がありましたら、
レクトヴァーソギャラリーの
会場責任者に、お気軽にお声かけ下さい。
連絡先は、上記に記載あります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

追記
エレベーターは設置されておりません。
また、一般参加のお客様は、写真撮影禁止となります。
また、会場内、館内移動中も含めまして、
私語、騒音には、くれぐれもご注意下さい。
どうか、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

展示会作品の一つです
どうぞ宜しくお願い致します。
(^ー^)m(。_。)m🌸



2016年9月27日火曜日

東京は朝から暑いです。

みなさま、

東京は朝から、夏のようです。

秋なのに、夏に戻りましたね。

先日、扇風機を閉まったばかりなのに。

今日は、下の娘の二十歳の誕生日です。


あの娘の好きな

フルーツケーキを買おう。


リンゴとシナモンも。

リンゴを小さく切って、

砂糖で煮詰めて、煮リンゴを作ります。

仕上げにシナモンを掛けると

美味しく仕上がるんです。


次女が産まれた時、

満月でした。

その日、病棟で、同時に

大勢のお子さんが産まれました。


近日に、出産予定だった方々が、

一斉に、その日に産気付いたんです。

私もその一人でした。

娘は、予定よりも早く産まれて来ました。



満月には、不思議な力があるみたいですね。




私達は、人間の言葉しか理解出来ないけれど。


色んな生命の言葉が聞こえたら

面白いかな?

いや、ひょっとすると

怖いかもしれないですね。

こんな大きな顔して

生きていられないかもしれない。


分からない方が

知らない方が

幸せなこともあるかもしれない。




























2016年3月19日土曜日

勇気の旗を掲げよ

あの日 母は言った

時を作り 時を待ち

そして必ず勝つと、決めるのよ

弱気な自分を打ち消して

努力して 努力して 

前に歩くの

勇気という名の旗を掲げて

一歩も引いてはいけないの

幸せはいつもここにある

そう、胸をトントンとたたいた

時を作り 時を待て

そして 自分の手で掴みとれ




★さくらひ著、小説「そめごろうの青いリボン」から抜粋

2016年3月18日金曜日

それでも明日はやってくる

それでも明日はやってくる

明日になれば

明日になれば

毎日、毎日

そう思い

夕暮れ時を

やり過ごしていた

幼いとき

どうしてあんなに

辛かったんだろう

誰にも言えない心の闇を

見てみぬふりをした


わたしは勝つと宣言する

あなたも勝とう

宣言しよう


私達には

慈悲の心がある

人間が人間らしく

あるために

自分の中にある

闇を叩き出せ

わたしが

わたしであり続けるために


2016年3月17日木曜日

娘へ

勝て!

勝て!

必ず勝つんだ!

みんな君に

みかたしていると確信したまえ

天も

空も

鳥も、風も

朝日の中で想う






走って

走って

走り続ける

朝日の中へ

鳥が飛び立つ


わたしは

土を蹴っている

もうずっと

走っている

感傷はいらない

過去もいらない

ただ

光源の中に

行きたくて