Translate

2020年9月7日月曜日

沖縄、九州地域にお住まいの皆様のご無事をお祈りしますm(_ _)m

 台風10号の接近に伴い、停電をしてしまってる地域もあると伺いました。

皆様のご無事を深くお祈り致します。

早く台風が去りますように。

台風の勢力が弱まりますように。

停電が早く復旧し、安全な日常が戻りますように、ご無事をお祈りします。

ご健康にお気をつけて。ご無事をお祈りします。m(_ _)m

追記

Googleのblogの形式が変わってしまい、上手く書き込みが出来そうにないため、別なblogを作成する予定です。

そちらは、元々イラストレーターさん向けの、画像フアイルしやすい形式のため、作成出来次第、アートメーターからの、リンク先を変更致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

 




2020年5月28日木曜日

「桜、舞う。」をお買い上げ頂いたお客様へ、感謝を申し上げます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸5月29日

「桜、舞う。」をお買い上げ頂いたお客様へ、深く感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸
アートメーターから、ご連絡が来たので、土曜日に配送手配を致します。
また、メッセージカードを作成致します。
どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

「桜、舞う。」

ご幸運をお祈りします。

2020年5月26日火曜日

「原風景3」をご購入頂いたお客様へ、感謝を申し上げます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸5月29日

「原風景3」をご購入頂いたお客様へ、深く感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます。
メッセージカードを作成し、すでに配送手配済みです。
ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

ご幸運を祈ってます。

「原風景3」

2020年5月25日月曜日

「原風景1」「原風景2」をご購入頂きましてありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸5月29日

「原風景1」「原風景2」をご購入頂いたお客様へ、
深く感謝を申し上げます。
メッセージカードを作成し、配送手配を致しました。
どうぞよろしくお願いいたします。
また、いつも閲覧して下さるみなさま、本当にありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

みなさまに幸運を!心より念願致します。
                                            「原風景1」
                                            「原風景2」

2020年4月24日金曜日

🌸アートで世界を元気にプロジェクト参加。(5月30日更新)

みなさま、いつも閲覧いただきありがとうございます。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸
「アートで世界を元気に」プロジェクトに参加しました。
→2020年6月2日まで。

<お詫び>
※アートメーター作品「桜の花の冠」コメント欄、フローラルの、英字のスペル間違いあり、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

※また、コメント欄に、出荷するときに、次亜塩素酸水で表面を消毒するとのコメントを表記したのですが、今後の対応については、止めようと思います。

※5月29日、日本政府が、次亜塩素酸水での、有効性を確認出来ないとして、コメントを出したようですので、また、油絵の具の乾き具合によっては、表面に消毒液をかけるのは、良くない場合もある可能性があるため、今後の使用を止めます。

ただ、私が購入したものは、食品製造会社で、利用されてるタイプのものですので、私個人としましては、問題は無いとの認識です。

また、出荷までに時間が経過してますので、問題はありませんが、気になる方は、到着後、1週間ほど、届いた箱のまま、放置してから開封していただければと思います。
また、作業台を消毒し、絵を作成時はマスクを付けて、手袋着用し、作業をしております。

*********************

1、「桜の花の冠」油絵、F6号。↓

この作品を仕上げた時期は、父親が亡くなったのが、昨年の2月始めで、グループ展示会が約2週間後に控えていて、ギリギリ1週間前位に描き終わり、乾かさないと行けないので、展示会直前は、間に合うのか心配でした。

父が亡くなったあと、呆然としている中で、私は、絵をひたすら仕上げなければならない使命感だけで、描いていました。

その後、父を失った喪失感も、思った以上に、いつまでも引きずりまして、一年経過して、ようやく、絵を発表する気持ちになれました。

お気に入りに入れて下さったお客様に感謝致します。ありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸
                          「桜の花の冠」


2、「桜、風景」油絵、F6号。↓

この作品も、昨年のグループ展示会に
出した作品です。
                             「桜、風景」

*********************
<後書き>
私は、5月30日から、長いお休みに入ります。元々のお休みに加えて、会社の自宅待機が、加わりまして、明日から9日間も、休みが続くのです。
明日からは、ひたすら、絵を描きます。
順次、このページに、追加掲載して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

世界中がコロナウイルスによって、生活が一変してしまったわけですが、分断では無く、団結へと正しい方向へ前進していけるように、一般民衆の声が大切になってくるのではないかと思っています。

唯一、人のために、涙を流すことが出来るのは、人間。
もちろん、生きとしいけるもの、この宇宙にあるものは、全て尊い存在ですが、人間は、自分以外の誰かのために、涙を流せる唯一の生き物です。
人間は素晴らしい。
生きてることそのことが自体が尊く、また美しい。
また、自分以外のために、奉仕している方は、菩薩と同じです。
そのような方々を尊敬致します。
みじかな所では、お母さん、ですね。
誰にでもお母さんがいます。
世界共通です。

お母さんを、大切にする社会にしたい。
医療従事者の方々に優しい社会にしたい。
人が嫌がるような仕事をしている方々が守られる社会にしたい。

あらゆる人種差別には、抗議したい。
あらゆる偏見には屈しない。
人の善意に勝るものは無い。
人への悪意は、必ず自分自身に跳ね返る。

民衆の大きな善意の海原は、たった一人の権力者よりも、宇宙大の力をもっていることを、人々は気がつくべきである。

世界が平和になるように祈ります。
あきらめることなく、信じ続けます。

私は、絵を描くことしか出来ないですから、みなさまに、ひとときの癒しとなるように、絵を描いて行きます。
🌸🌸🌸m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

<追記>

1955年、バスの座席差別への抗議として起きたバスボイコット事件(ローザ・パークス事件)をきっかけに、公民権運動が盛んになり各地で人種差別に苦しむ黒人が立ち上がりました。

私は、ローザパークスさんを尊敬しています。
暴力では無い、智恵のあるやり方で、人種差別への抗議をしたことが、素晴らしいと思います。
大変勇気のある行動だと思いますし、ローザパークスさんに、続いていった民衆も勇気のある行動をしたと思います。

21世紀のローザパークスが現れることを祈ります。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸












2020年4月12日日曜日

コロナウイルス感染拡大を防ぐためにわたしたちにできること🌸4月12日m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

みなさま、いつも閲覧いただきありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

私は、スマートフォンで、NHKアプリを使っていて、リアルタイムに速報が出るので、ニュースを見ています。

昨日と今日はお休みのため、昨日のテレビのNHKニュースで、見ていてびっくりしました。

1メートルの至近距離で、15分、普通に会話するだけで、コロナウイルスに感染する可能性があると言うものです。

日本では、接触感染の注意を強く訴えていましたが、接触の概念を変えないと行けません。

1メートル以内で、15分の会話は、感染の可能性が発生する危険水域。
複数の人数で、会食するなどが、これに該当すると思うのですが、どうでしょうか。

2メートル以内で、一言二言の会話をするのは、接触者の人数に入るとのことです。

日本では、1日の接触者の数を8割減らすようにと言う要請を出しています。

わたしたちにできることは、外出を避けること。
人と話さないこと。
人と距離をあけること。

手洗い、うがいを必ず、実行すること。

手洗いやうがい、顔を洗うなど、私は、三点セットでしています。

手が荒れて大変なので、クリームを塗っています。

日本では、このあと、東京都が、爆発的な感染拡大をしてしまうかもしれない。

もしかすると、医療崩壊してしまうかもしれない。

医療機関にお勤めの方の、危機感は、わたしたちの想像を越えるものでしょう。

わたしたちのために、睡眠時間を削って、働いて下さる、医師、看護士、また、医療スタッフの方に、感謝をするとともに、希望を持っていただかないといけません。

それは、いつか終わるだろうと言う希望です。

その希望を、作るのは、まだ、コロナウイルスの感染症状が出ていない、わたしたちの行動です。

政府が止めてくれるのでは無いです。
誰か、他の人がしてくれるのでも無いです。

一人一人の、地球人のわたしたちにできること、考えて行動して行きたいです。


これは昨年の4月に撮影した写真です。
昨年の今頃、まさか、2020年がこんなことになるなんて、予想してなかった。

2020に起きたことを、今後、消して忘れてはいけないと思う。
m(_ _)m(゚ー゚*)🌸












2020年3月19日木曜日

みなさま、いつも閲覧いただきありがとうございます。3月19日朝 ムクドリの思い出m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

みなさま、いつも閲覧いただきありがとうございます。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸

昨年の春に、2階の雨戸をしまう戸袋に、ムクドリが巣を作ってしまいました。
無事に子供を育て、ムクドリの赤ちゃんも、無事に巣だって行きました。

ただし!大変でした。
私たちが気が着いた時には、もう卵を産み付けてしまい、そして、ムクドリに生息していた
大量のダニが繁殖し、サッシの窓で密閉してるのに、隙間からダニが入ってきてしまいました。

窓側に掛けていた洋服は、既にダニだらけ。
生きてるダニと、死んでるダニもいました。
生きものの体に侵入して、生き血を吸ってダニは生きるので、洋服の上では生きていけないので死んでしまいます。

ほうっておくと、暖かい体温を感知して、人がいる場所を探し廻る事になります。
ムクドリの体に寄生してるダニは、ムクドリの巣立ちとともに、寄生出来る次の生き物を探し回ります。

私はダニが大嫌いです。
ダニとか、目に見えないバイ菌とか、嫌いなんです、、。
ムクドリを駆除しようかとも考えましたが、
2人の娘たちと、おばあちゃんは、ムクドリの卵が可哀想と言い、なかば、私を非難するように、言いました。
お母さん、ムクドリ駆除しちゃうの?殺されちゃうの?可哀想、、。
と、言われ、超クールな私もたじたじ。

ムクドリがいなくなってから、ダニ退治すれば?と3人は言いました。
3人の意見を聞いて、ムクドリの赤ちゃんが、さすがに可哀想だと、私も思いまして、ダニは嫌いでしたが、我慢する事にしました。
なんか、3人の方が、人間としてまともな意見を言ってくれたので、私はやはり、人間的に情愛と言うものに、欠けているのかな?
とも思い、自分優先に考えたのを反省しました。

私たちは、ムクドリの赤ちゃんが生まれて飛び立つまでまで待つことにしました。

私の天敵のダニは、すでに、窓から侵入していました。
ダニは、掃除をしている私の顔にもくっついて来て、私の体に着いたまま、移動しました。
一階の私の部屋も、ダニスプレーをして駆除の掃除をしました。

しばらくは、私の手が赤く腫れて、痒くてしかたなかったですが、手洗して、ダニスプレーして、掃除して、2週間から1ヶ月位かけて、やっと、退治しました。

手や顔がしばらく痒かったのですが、やがて、痒くなくなり、部屋も綺麗になりました。
私はハウスダストアレルギーがあるんです。

2階の窓は目張りする前に、サッシの中は、ダニ駆除のスプレーをかけて、サッシを目張りしました。
でも、ダニは、目張りしても、隙間から部屋に入るらしいので、毎日、決まった時間に、ダニスプレーを繰り返し噴射しました。

卵が、かえってからが大変でした。
ムクドリの赤ちゃんは、毎朝、ピチュピチュと
元気良く鳴きました。
ムクドリの親は一生懸命に餌を取って来ては、子供たちに餌をやりました。
親が戻って来ると、赤ちゃんは激しくピチュピチュ鳴きます。

やがて、近所では、知らない人がいない位、
我が家の2階の戸袋に、ムクドリが巣を作ってたのを、みんな知ってました。

私も近所の方に会うと、すみません~、気がついたら、もう卵があったので、巣立つまでうるさいですけど、と言って謝りました。

みなさん、しょうがないよね、と言って苦笑いです。

毎朝、6時になると、餌を貰い、ピチュピチュ大合唱。
バタバタと飛びかう親の羽音。

春も終わり頃となり、やがて雛も大きくなり、最初は、飛ぶ練習をします。
親鳥が、それぞれの雛に順番に教えるのです。
それが始まると、旅立ちの日が近づいてる証拠です。

私たち家族も、雛たちが、無事に旅立てるように、見守っていました。

ところが!事件です!

なんと、カラスがやって来て、雛の命を狙い始めました。
毎日毎日、大きな黒いカラスが、巣へ襲撃を始めました。
私も、2階のベランダなどにカラスが留まってる時は、棒で追い払ったりしました。
おばあちゃんも、庭でカラスを見つけると、側にある棒で追い払ってくれました。

執拗なカラスの襲撃は、ひごとに増し、
親鳥が、カラスと戦う、バタバタと激しい羽音も、ひごとに激しさを増して行きました。

ある日の朝、おばあちゃんが言いました。
「びっくりしたよ~、ムクは凄いね~、ムクドリの親鳥が、応援のムクドリを連れてきて、たまげたよ。うちのすぐ近くの電線に、ずら~っと、ムクドリの大群が並んでるんだよ~」

ムクドリは、巣立ちの時に、狙われてる雛を守るため、カラスを追い払うために、大勢の仲間のムクドリを呼んだのです。
そしてその、ムクドリの大群を見ようと、近所の人も集まって来ました。

旅たちの日、ムクドリが旅立とうとすると、カラスがやって来て、そのカラスを追い払おうと、大勢のムクドリとの戦いが始まりました。

でも、その日は、ムクドリは旅たつ事が出来ませんでした。
そんな事が、しばらく続きました。
おばあちゃんは、今日は、ムクがたくさん来てるから、今日は、飛ぶ日だよ!
カラスに負けないといいね~。
でも、ムクは凄いね~、あんなに仲間を連れてきて、みんなでカラスをやっつけようって言うんだから。みんなで雛を守ろうって言うんだから、ムクは凄いね~。
おばあちゃんは、いつまでもいつまでも、感心してました。
娘たちも、私に報告します。お母さん、ムクドリが大変だよ、雛が、なかなか巣立ち出来ないよ、と。

私も、毎日心配で、無事に雛が飛び立つのを心から祈るようになっていました。

やがて、天気が崩れて湿った雨が降り始めました。私は、このままではまずいなと思いました。
湿った雨が一週間ほど降り、天気が回復したある朝の事です。

6時になっても、しん、としていました。
いつもの雛の大合唱が聞こえませんでした。
私は、おそるおそる、久しぶりに2階の雨戸を外しました。中に雛がいるといけないので、
つぶさないように、まず、雨戸を外してみたら、そこに、雛は居ませんでした。

あ~、行ったんだ~。と思い、ほっとしました。
それからは、再び、ダニとの戦いです。
(*´・ω・`)b
戸袋の中には、雛にやった餌のミミズたちや、昆虫の幼虫などが、残っていたり、枝で作った巣がありました。
すべて撤去し、殺虫剤スプレーで消毒。
雑巾で綺麗に拭いて、来年、巣を作られないように、隙間を塞ぎました。

そして、今朝、上の娘が言いました。
お母さん、ムクドリらしき鳥のガサガサ言う音か窓側から聞こえるんだけど、、眠れないよう、、。

私は雨戸を外しましたが、中には居ませんでした。
きっと、塞いでるモノを、壊そうと、トライしてたのでしょう。
つついて、つついて、壊せば、きっと、中に入れる、ムクドリはそう思ってるのでしょう。
或いは、ここは、巣を作る我が家、そう思っているのかもしれません。
ムクドリの巣を作る時期です。
もう、春ですね。m(_ _)m(゚ー゚*)🌸
庭の桜です。東京都の発表より、数日前に咲きました。

後書き

ちなみに、法律で守られていて、野鳥が巣を作っても、勝手に駆除は出来ません。

ただし、弊害がある場合、資格を持つプロの駆除センター等に依頼したり、区役所などに、駆除の申請許可を貰ってからなら、駆除出来ます。
そのお住まいの市役所、区役所で相談出来ます。
私は専門業者に、即、予約しましたが、家族の穏やかな、平和的な説得により、ムクドリの雛が法律でも守られているように、全ての生物には、生きる権利があるのだと言う認識を、新たにしました。
あのとき、思い止まって良かったです。
懐かしい、春の思い出です。

m(_ _)m(゚ー゚*)🌸













2016年3月17日木曜日

娘へ

勝て!

勝て!

必ず勝つんだ!

みんな君に

みかたしていると確信したまえ

天も

空も

鳥も、風も